2022/01/01

あけまし2022ておめでとらどし







あけましておめでとうございます。


近未来のルネッサンスマン、

家原利明です。



今年は寅年。


あたしは寅年、年男。

「としお」と書いて、年男。

気づくと干支が1周です。



 うぶんのあいだは

 っきょうだけで

 んぶりごはんを

 るぶぷれ



ちなみに。


「トラ」はヒンドゥー語で

「少し」という意味だそうです。


ということで今年は、

「少しどし」でもあるわけですね。




「虎穴に入らずんば虎子を得ず」。


「虎の巻」ばかりに頼って、

「虎を描きて猫にルイス」になるのではなく、

「牡丹(ぼたん)に唐獅子、虎に竹」となるよう、

「竜の髭(ひげ)を撫(な)で虎の尾を踏む」勢いで

一生懸命ベンガルので、応援のほど、

どうぞスマトラいたシマす。


ごくマレーに、

目にアムールときも

あるでしょうが。


「トラトラ」と

おこられてシマわぬよう、

バリっとやっていきたいとアモイます。


「それを言っちゃあ、おしめぇよ」


本トニー、

ザ、タイガーいのことは、

インドシナいので、

ぼくにまカスピください。


「I  did  it  MY WAY」


それジャワ。


2022年もどうぞよろしく

お願いしまじろう。









TORATORATORATORATORATORATORATORATORATORATORATORATORAT



・虎穴に入らずんば虎子を得ず:危険をおかさなければ、大きな成功は得られない。

虎の巻:芸道などの秘伝が書かれている書。転じて、教科書などの解答集、ガイドブック。

虎を描きて猫に類す:凡人が優れた人のまねをして、軽薄になることのたとえ。または立派すぎるものを求めて失敗すること。

牡丹に唐獅子、虎に竹:絵になる取り合わせのもの。

竜の髭を撫で虎の尾を踏む:大変危険なことをするたとえ。




ORATORATORATORATORATORATORATORATORATORATORATORATORATO



< 今日の言葉 >


『猫は虎の心を知らず』

(つまらない人間には、大人物の心の中は分からないという意)


0 件のコメント: