2008/08/04

お菓子 〜たとえパンがあったとしても


最近、立て続けにチョコレートパフェを食べている。

さいわい、太りやすい体質ではないものの。
あまりの暑さに、
冷たいものばかり食べておなかがゴロピカドンだ。


お菓子。


生きるうえで「お菓子」は、なくてもいいもの。

「ごはん」さえあれば、人は生きていける。

けれども「お菓子」のない生活は、とてもさみしい。


こどもは胃が小さくて、
一度にたくさん食べることができない。
だから、三時のおやつの時間にお菓子を食べて、
たりない栄養を補ったり、空腹を満たしたりしている。

大人になると、三度の食事で「たりる」はずなのに、
やっぱり甘いお菓子やせんべいなどが恋しくなる。

やっぱり「お菓子」は、ないとさみしいものなのかもしれない。


お菓子を食べない人は、いるのかなぁ。


袋に入ったスナック菓子。

工夫をこらしたチョコレート菓子。

さくさくふわふわのコーン菓子。

素材にこだわったお菓子や、食感の新しさ、
組み合わせの斬新さなど。
古くから親しまれているお菓子もあれば、
新商品のお菓子もある。

スーパーマーケットや
コンビニエンスストアのお菓子売り場には、
色鮮やかなお菓子がずらりと並んでいる。

まるでおもちゃ売り場のような華やかさだ。

マドレーヌやドーナツ、焼きたてのクッキーなど。
手づくりのお菓子もたくさんある。

ケーキやアイスクリームもお菓子だし、
わらび餅や麩(ふ)まんじゅうも同じくお菓子だ。

古今東西、世界各国、家庭や地域ごとに違ったお菓子がたくさんある。
まだ見ぬお菓子の何と多いことか。


「パンがなければ、お菓子を食べればいいじゃない」


その昔、
とある国のお姫様が言ったとされる、有名な言葉。

彼女の言った「お菓子」とは、
クーゲルホッフ(クグロフ)という、
パンに近い焼き菓子だという話もある。


思うに。

「食」は人をつくる源で、
ひいては人の思考や感性をつくる「栄養」となるのならば。
食べるもので人の価値観や考え方は違ってくるということなのか。

「最近の若いモンの考えは、よう分からん」

などと諸先輩方がなげくのも。
それは「食」の「文化」の違いが陰にあるのでは。


パリパリと乾いたお菓子を好んで食べる人の感覚と、
しっとりもっちりした食感のお菓子を食べる人とでは、
やっぱり考え方が違ってくるような気がする。

先天的な、そもそもの「好みの違い」だけではなく、
後天的に作用する「なにか」があっても不思議ではない。

そう考えると、「おせんべい・あられ世代」
(年齢の高い低いだけでなく、好みも含めて)と
「さくさくスナック世代」とでは価値観も違って当然だろう。

いわゆる「年輩者」でも、
原色バリバリのグミを好んで食べている画家もおられる。

若くして和菓子に番茶がしっくりくる、
といういぶし銀の小学生だっていなくはない。


「高級感」や「ブランド・知名度」を好む人の趣向と、
「素朴感」や「駄菓子的なチープな感じ」を好む人とも
また違いがあってしかり。

感覚で選ぶ人もいれば、
論理的に「分析」して吟味する人もいる。

ファッションや音楽は「保守的」なのに、
お菓子では冒険心、探究心を燃やす「野心家」ということもある。


ニワトリが先かタマゴが先か。

食の好みとその影響については、
おそらくもっと偉い先生が答えを出してくれるはずだ。

ひとつ言えることは、
「お菓子」の好みや趣向を取っても、
その人の「らしさ」は出る、ということだ。


お菓子は、人をやさしくする。

お菓子は無駄な贅沢品のようで、
生活を潤す大切な「油」のようなもの。



僕にとって「絵」は「お菓子」だ。

僕の描く絵を、
お菓子を食べるような気持ちで見てもらえたら。

そんなふうに思いながら、ずっと描いている。


文章にしても同じ。

お菓子を食べるみたいな感じで味わってくれたら、とても嬉しい。


いつか、噛めば噛むほどじわっと味が出てくるような、
そんな「お菓子」をつくれるように。


生きるうえで「お菓子」はなくてもいいものだけれど。


「お菓子」のない生活は、やっぱりさみしい。


< 今日の言葉 >

ここまでバターを濃くするなら、いっそチーズ味にしたほうがいい。
                          by H. Nakata
(ものごとは何でも、
 やりすぎると本来のよさが失われてしまうということのたとえ)


0 件のコメント: