2020/03/17

5月の広報〜展覧会情報









みなさん、こんにちは。

現代社会の着色料、

家原利明でございます。



今回は何と、

みなさまにお報せがあって筆を執りました。



そのお報せは何かと言いますと、

来たる5月に

展覧会をやりますよ、

といった感じの内容でございます。




このたび、

お声をかけていただき、

展覧会を催す運びとなりました



新作はもちろんのこと、

新たなグッズを従えての会となりますので、

どうかみなさま、

奮ってご参加くださいませんか。





・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・



家原利明 展覧会 2020



・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・



<場 所>

草叢BOOKS  新守山店
(くさむらぶっくす  しんもりやまてん)
/アピタ新守山店2F



<会 期>

5月1日(金)から
5月14日(木)まで


<時 間>

月 – 土
10:00から22:00
日曜日
9:00から22:00

※アピタ新守山店/草叢BOOKSの
休業日・営業時間に準じます。


<交 通>

JR中央本線『新守山駅』より徒歩5分

※駐車場完備
※名古屋駅より車で15分



<<< 家原情報 >>>

祝日・金・土・日の
13:00ごろから18:00ごろまでは
会場にいようかと努めます。






さて。

以下は新守山駅から  
会場までの道のりです。

公共交通機関でお越しの方で、
方向感覚に自信のない方は、
どうぞこちらをご参照くださいませ。




新守山駅ホームから会場(アピタ新守山店)を望む。
写真奥が名古屋・金山方面です。





ホームから改札口方面へ。
写真奥が高蔵寺・多治見方面です。





改札口





改札口を抜け、駅前ロータリーに出たところ。
会場への行き方は、2つあります。
わかりやすいけれどやや遠回り(徒歩10分ほど)の、右の道。
若干ややこしいけれど早道(徒歩5分ほど)の、左の道。
その2つです。





まずは右の道から。
駅を出て、そのまま線路に沿って、右へと進みます。





ひたすらまっすぐ。
線路の向こうに会場が見えますが、
建物を越えてしまっても、まだまっすぐ、です。




このまま永遠につづくのでは・・・と思うほどまっすぐでしたが。
高架が見えたら右に曲がります。





その高架下のトンネルをくぐります。
と、右手に「アピタ新守山店」が
すぐ目の前に見えるはずです。





ふたたび駅前の風景に戻って。
こんどは左の道を行きましょう。





改札を出て左手、
自転車置場がある方へ向かいます。






自転車置場のわきにある階段を下ります。
下りたら左手へ曲がります。






線路の下をくぐるトンネルです。





そのまま2つ目のトンネルもくぐります。







トンネルを抜けると、左手に階段が現れるので、
それを上ります。




階段を上りきったら、
(細身のお地蔵さんのようなポールが見えますので、
それを起点にUターンする格好で)
左後ろ方向へと進みます。





奥に見えるのは、パチンコ店の駐車場です。
そちらに向かって歩きます。



パチンコ店の駐車場に足を踏み入れると、
正面に「ピタ」の文字が見えると思います。
そちらを目指して、そのまままっすぐ進んで行きます。

「ピタ」を目指して、ひたすらまっすぐ。





写真右手方向へ。
車の出入りがあるので、くれぐれもお気をつけて。





橋を渡ってまっすぐ進みます。





建物を左手に、まっすぐ進みます。





お待たせしました、もうすぐです。





こちらが店内への入り口です。
中に入って2階へとお進みください。



 ◉




駐屯地が近いので、
時間が合えば上空に戦闘機が見られると思います。
(写真は水曜日の15:23ごろの風景です)






といった具合ですが。


どうぞご家族そろって

どしどしお越しくださいますよう、

よろしくお頼み申し上げます




それでは、会場で





選手代表/家原利明






< 今日の言葉 >


「ああ、どうしてなんですか。
 ぼくはカムパネルラといっしょに
 まっすぐに行こうと言ったんです」

「ああ、そうだ。みんなそう考える。
 けれどもいっしょに行けない。
 そしてみんながカムパネルラだ。
 ( 中 略 )
 おまえはおまえの切符をしっかりもっておいで」

(『銀河鉄道の夜』宮沢賢治/初期稿より)







0 件のコメント: