2021/04/18

家原利明 期間限定靴下《顔》




このたび、

お声をかけていただき、

靴下を制作させていただきました。


洋服(ファッション)好きな

自分にとっては、

ありがたきご依頼。


いつかテキスタルを、と、

今日まで意気込んで

懸命に生きてきたわけでありますが。


その夢、長年の想いが、

足元から叶(かな)っていくようであります。




上の画像、

こちらが今回制作した

《顔》の靴下です。


お写真で分かりますでしょうか。


着用しますと「顔」の絵が

ふくらはぎ部分に位置します。


原画は(例のごとく)色鉛筆にて

描いたものです。


顔の左右がつながるよう描くのに

苦心しました。








今回、制作させていただいた靴下。


素材は(爪先・かかと・履き口の黒い部分を除いて)

500mlのペットボトル3本から

できています。


つまりは、ポリエステル。


いわゆるリサイクル素材ですが、

それで品質が下がるというわけではなく、

むしろ頑丈にできていて、

破れにくいのだそうです。


(実際、ペットボトルから作った糸で、

小型自動車を引っ張ったり、

イスの座面などを作ったりと、

ペットボトル再生繊維は

あなどれません)


その繊維で織った靴下、

伸縮性はいたって「普通の靴下」同様です。



もうひとつの特徴。


それは、

この靴下の絵柄が、織りではなく、

インクジェットによる

プリントだということです。


















靴下専用の印刷機。

世界に3台しかない機械、

うち1台がこの日本の、

岐阜県関市にあります。


特殊技術による印刷で、

細かな描写や色彩の再現のみならず、

強度と品質をも実現しました。


あくまで個人的な見解ですが。

自分が知る従来のプリントに比べ、

色彩の食いつきが深いように思います。


伸ばしてみても、

白くなりにくい。


ですから、

見た目の色調も明るく濃くて、

鮮明に感じられるのではないでしょうか。





家原利明、

意匠(いしょう)の靴下。


どうぞみなさま、

是非ともこの機会にお求めくださいますことを、

普段よりいっそう強めに申し上げます。


なぜかと言えば、

それは、期間限定

受注生産ですので。


これを逃すと、

手に入らなくなる可能性が

大(ラージ)でございます。



自分用にはもちろんのこと、

贈り物に、予備に、飾る用に、

クリスマスの吊り下げ用に、

洗車後のワックスがけ用に・・・



どうぞ奮ってお求めください!



######################################


家原利明 期間限定 靴下《顔》


######################################



サイズ:22〜24㎝(婦人用)



※上記の寸法は、あくまで目安です。


※普段の靴のサイズが、

26.5〜27.0㎝の足のおじさんでも、

わりと問題なく履ける大きさです。


※完成品は、プリントやサイズ等、

多少の個体差があります。

どうぞご了承ください。



◆  ご購入方法  


ご購入は、

こちら のページ

『tsu ku shi ta』より

ご注文いただけます。


価格:
¥2,090- (+送料¥700-)


受付期間:
5/1(土)〜7/31(土) 
(多少前後する可能性あり)


・・・・・・・・・・・・・・


※受注制作のため、

お支払いから約2週間後の

発送となります。


・・・・・・・・・・・・・・


常滑2人展 会場にて

現物を展示いたしますので、

実際にたしかめることが

できます。


・・・・・・・・・・・・・・


以上のような

按配(あんばい)ですが、

どうぞよろしく

お願いいたしまソックす。




極彩色靴下代表:家原利明





●協力

東伸工業(株):http://www.toshin-kogyo.co.jp/

(株)東洋繊維:http://www.toyoseni.jp/





< 今日の言葉 >

「ぶっきらぼうって何?
 妖怪かなんか?」






0 件のコメント: