2017/09/10

展覧会のお知らせ 〜10月のグループ展〜









こんにちは。

わたくし「ちょっぴり甘いハラペーニョ」こと、

家原利明です。



そんな家原から、耳よりなお知らせがあります。



来たる10月22日(日)より

グループ展が行なわれます。

わたくし、家原利明が参加するグループ展なのです。



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


OO展(おーえん展)』vol.2 
〜 それぞれの美、それぞれの芸術〜



と き:2017年10月22日(日)〜29日(日)まで
    ※10/23(月)は休館日です。

じかん:10:00〜17:00

ばしょ:パティオ池鯉鮒 <ぱてぃおちりゅう>
   (知立市文化会館)2Fギャラリー

〒477-0026 愛知県知立市上重原町間瀬口116





◎名鉄名古屋本線「知立」駅より徒歩20分、
 または市ミニバスで約10分(往路:ブルーコース)

◎JR東海道本線「三河安城」駅よりタクシーで15分。

◎国道23号線「上重原I.C.」より車で約5分。

 
でんわ:0566-83-8100


♡♡♡:10月22日(日)14:00より
     アーティストトーク有



同展覧会公式記事 http://arttravel.jp/2017/05/17/113021/



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



3名による、このグループ展。

ありがたいことに、

お声をかけていただき、参加することと相成りました。



今回、テーマが<守・破・離(しゅ・は・り)>ということで、

グループ展ではありますが、

新旧、たくさんの作品を展示する予定ですので、

見ごたえはあるかと思います。


守・破・離>とは、

武道や茶華道などで用いられる言葉で、

「守」は、型を重んじ、基礎を忠実になぞり、

「破」では、枠からはみ出て、よいものを取り入れ、

「離」で、流派からはなれ、独自のあたらしいものを生み出していく。


これをくり返すことで、

その「道」をたくましくゆたかに仕上げていく、

という、修行の過程をあらわす言葉であります。


守・破・離>。


ちなみに「め は り」は、

高菜の浅漬けでくるんだ、お寿司のことであります。



といったことで。


現時点での目論見ではありますが、

2007年の作品から2017年の作品まで、

新旧の作品をずらりとならべる会となりそうです。



2007年から2017年。


そうです、ちょうど10年。



その足跡をたどる、

ちょっとした機会かと思われますので、

カメラとメモ帳片手に、

是非ともご来場くださいますことを、

心よりお待ち申し上げているつもりであります。




それでは、会場となる施設の風景を、

ちょっとしたご案内のつもりでお送りいたします。







「鳥居1丁目」方面からきたところ。






ブロンズの女性が、行くべき道を示してくれています。






建物正面。右手側が駐車場です。






正面から左を臨む






駐車場のわきには、クマの家族もいます。






正面右手、駐車場側から建物を見たところ






正面側から入ったところ。右手に喫茶がありますが、
会場へ行くにはそのまま左手に向かいます。






入口風景






入口をぬけたところ。
柱に向かって歩いたら、そのまま左手に進みます。






階段をのぼれば、
会場となる2階ギャラリーへとつながります。









なお、1階には「山車文楽」の人形なども展示されています。






「山車」の「文楽」は、知立市だけのものです。
興味のある方はぜひどうぞ。




< 今日の言葉 >


「ヘロヘロ言わせる」

(「平成のマドンナ(自称)」こと、同級生の女子が、
  酔っぱらって放言した言葉。おそらく「めろめろにさせる」
  というようなことが言いたかったと思われる)



0 件のコメント: