2021/03/28

家原利明 二人展 絵と陶器





あ、どうも。


お墓の石碑(せきひ)と

電話帳から姓名を選んで

名前をつけられた

家原利明です。



このたび、

ありがたいことに

お声をかけていただき、

2人展を開催することと

相成りました。


以下、2人展の情報を

網羅(モーラ)いたします。


どうかお目通しのほど

よろしくお願い

いたしまるる(キュン)。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


家原 利明  二人展

「絵と陶器」


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

(陶器/
 白 年守:ぺくにょんす

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


2021年4月30日(金)
  〜 5月10日(月)まで


場所:ギャラリーcera

479-0838
愛知県常滑市鯉江本町5-168-2


時間:午前9時から午後5時30分

※無休

電話:0569-34-8888


交通:名鉄常滑駅、改札出てすぐ


■駐車場あり



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



今回の展示では、

手ごろなサイズの作品(新作の絵)を

手ごろな価格で販売したい、

という目論見(もくろみ)であります。



あくまで予定ではありますが、

新作20数点、

旧作5、6点くらいの展示を

考えております。



会場では、

絵本『おおきなかお』の

販売もいたします。








新作手ぬぐい(3点)も

販売いたします。







今回の展覧会は、

展示即売の形式ですので、

もれなく作品をご覧になりたい

というお客様は、

早めのご来場をお勧めいたします。




例によって家原利明(本人)は、

会期中、毎日11時ごろの出勤を目指して

会場入りしようという意気込みであります。







名鉄常滑駅、改札を抜けたところ。





そのまま、まっすぐ進みます。





と、左手に「ギャラリーcera」が
見えてきます。





今回はここが会場となります。





駅の外、駐車場側から入った場合、
こちらを右手に進むと見えてきます。



<おまけ>



こちらは常滑の商店街にある
「レストランときわ」。





常滑に行くとおじゃましている食堂です。





『店の電気は暗い。大将の性格は明るい。
1942年生まれ、まだ現役。創業1932年 レストランときわ』
大将の息子さんがつくったポスター。





どれもおいしいのですが。
この「ポークチャップ」と「ときわ煮」が、ぼくの2巨頭です。





常滑という街。


車も入れないような細い路地が入り組み、

のぼったり下ったり、

覗いたり見下ろしたり。


レンガの煙突、古い町並み、

新しいお店、古くからのお店。


なんだか小学校の帰り道のような。


常滑は、散歩・散策するのに

とてもいい街です。



時季もよいかと思いますので、

常滑への来訪を兼ねて、

ぜひともご来場くださいますことを

心よりお待ち申し上げております。





以上、

みなさまお誘い合わせのほど、

どうぞよろしくお願いいたします。





追伸:

・・・冒頭部分、

お墓の石碑(せきひ)と

電話帳から姓名を選んで

名前をつけられた人物。


正解は『足ながおじさん』の主人公、

ジルーシャ・アボットでした。




< 今日の言葉 >


「アメリカンホック」


(アメリカンドックのようなホットドックのような、なんだかおいしそうな名称。実際は手芸用品で、いわゆるスナップ式のボタン金具のこと。思わず「アメリカンホックひとつください」と言いたくなるような、そんな名称ですね)



0 件のコメント: