2008/05/27

あだ名


「箸休め」という言葉で急に思い出した。


高校生の頃、
ハンバーガーショップでバイトしていたときの“同僚”で、


『ハシパン』


というあだ名の男子がいた。


どうして『ハシパン』なのかと聞くと、


「パンを箸で食べるから」


だそうだ。

・・・今考えても、
何ともストレートで安直なネーミングだが。

果たしてそれがあだ名としてふさわしいのかは、いささか疑問である。




子ども時代のあだ名は、ときに残酷でもある。


骨折の影響だったか、鼻がやや平べったい彼は
『ぺっちゃ』と呼ばれていた。


スリッパに書いた名前の「こ」が、
行書のようにつながって「て」に見えたせいで『かて』くんと呼ばれたり。


眉毛をはさむように上下にホクロがある彼が、
『÷(わる)』というあだ名で呼ばれていたと。

友人からそんな話を聞いたこともある。



今にして思えば、
どれも“揚げ足取り”のようなあだ名で、
最初にそう呼ばれたときの気分はどんなだったか。

呼ばれた本人以外、その思いは想像もできない。

変なあだ名を付けた「名付け親」のことを、
少なからず恨んだかもしれない。

呼ばれるうちに、それが自分の“呼び名”になっていくのだから。


当時(といってもそれほど大昔ではないが)は
今より何もかもが「おおらか」で、
今では考えられないようなことが笑って許された風潮もある。

それでも。

大人になって、結婚して、子どもができて。



「父さんは昔、ドスケベ課長って呼ばれていたんだよ」


などと語り聞かせたりはしないだろう
(部長や社長でなくて、なんで課長なんだ、って聞かれたら困るし)。




人は、親しみを込めてあだ名を付ける。

「Daniel(ダニエル)」のことを『Dan(ダン)』と呼ぶように。

呼びやすさから短縮することもあるが、
それがそのまま親しみに変わるから不思議だ。



一人で歩き出すまでは

友達ができるまでは

ほとんどの名前はオヤジが決める

ニックネームは

他人が決める

(by 甲本ヒロト)



そのとおり。

ニックネームは「他人」が付けるのだ。


あだ名を付けられることで、
他人との関係が作られると言ってもいい。


それがどんな関係かは、何よりそのあだ名が語っているはずだ。



電子レンジのことを『チン』と呼ぶのも、
テレビのリモコンのことを『チャンネル』と呼んだりするのも、
れっきとしたあだ名だろう。


人は「電子レンジ」と呼ぶときよりも親しみを込めて、
電子レンジのことを『チン』と呼ぶのだ。


電子レンジで温めて食べてください→「チンして食べてね」

家の電子レンジが壊れました→「うちのチンが壊れてさー」

昨晩、電子レンジの夢を見た→「昨日、おれ、チンの夢見てよー」


ほら、どうでしょう? 

親しみがこもって、ぐっと距離が縮まって感じるでしょう。




ちなみに僕はリーダーと呼ばれている。


たいして引っぱるほどの内容でもないが。

その由来を話すのは、また別の機会に譲るとしよう。


0 件のコメント: