2010/07/26

額のホクロと、光を放つ「うぐいすパン」


高校生のころ。
たしか、高校生の新生活が始まったばかりの4月のことだ。


クラスの女子で、
額(ひたい)のまんなかにホクロのある子がいた。

額のまんなかの、ありがたい位置。
ぷっくら飛び出したまっくろなホクロ。

大仏さまや仏さまのようなありがたい感じのホクロを見て、
クラスメイトのひとりがこう言った。


「千昌夫(せんまさお)だ」


千昌夫。

ぼくらもそれほどリアルタイムなわけではないけれど。
額のまんなかのホクロを見て、
すぐに千昌夫を連想した彼は、
どういうわけかモノマネ番組が大好きな男だった。

まったく安直にもほどがある。


そして彼は、さらにこう言った。


「女の千昌夫だから、ウーマン千昌夫だ」


やがてそれも縮められ、
彼らは彼女のことを「ウーセン」と呼ぶようになった。

もちろん、彼女に面と向かっては呼ばないが。
内輪の話では、彼女の呼び名はすっかり「ウーセン」で通っていた。


ウーセン。


ぼくは、モノマネ番組がそれほど好きじゃなかったし、
「ウーセン」という、
なんだか腰くだけな響きも好きじゃなかったこともあり、
彼女のことを「ウーセン」と呼ぶことはなかった。

そのかわり。

額のホクロだけでなく、
髪型とか、顔つきだとか、
とにかくなんだか、すごくありがたい感じだったので、
ぼくとその周りの友人は、「尊師(そんし)」と呼んでいた。


ウーセンと、尊師。


結局のところ、どっちもどっちだ。



ある日のこと。

尊師こと、ウーマン千昌夫の彼女が、
授業中、額のホクロをもてあそんでいた。

窓際の席に座る彼女は、
ひとりはさんだぼくの左隣の席で、
彼女の所作は、ぼくの席からつぶさに見えた。


窓際の席で。
彼女(尊師)が、額のホクロをいじっている。

窓から射す逆光のなかで見たその姿は、
後光を発しているかのごとく神々しく、
なんだか神秘的な、ありがたい光景に見えた。


ぼくと「話の合う」友人は、
ぼくの斜め前の席にいた。

ぼくは、ぼくらにしか分からない合図を送り、
彼をこちらにふりむかせ、
指で彼女(尊師)を指し示した。


折りたたみ式の鏡を覗き込み、
彼女(尊師)は額のホクロをいじっている。


彼女のその姿を目の当たりにして。
友人は、ぱっと表情を明るくして、
きらきらした視線をぼくに戻した。

黙ってぼくは、うなずき返した。

説明するまでもなく、
友人は、ぼくの言わんとすることをすぐさま理解したようだった。


そしてぼくらは、
彼女(尊師)のようすをこっそり眺め続けた。


彼女(尊師)は、折りたたみ式の鏡を机に置き、
額のまんなかのホクロを軽くつまんだり、
人差し指でプニプニ押したり、
爪の先でコリコリこじったり。

授業中ということも忘れて。

ここが教室だということすら意中にないようすで。

彼女(尊師)は夢中でホクロをもてあそんでいた。


ぼくらはそのさまを、じっと見ていた。




しばらくして。


彼女(尊師)がはたと、手を止めた。



ふと見ると、
彼女(尊師)の額から、
赤い筋が1本つうっと垂れ下がっている。


額のまんなか、ぷっくらふくらんだホクロから、
まっすぐな赤い血の筋が1本垂れている。


それを見たぼくらは、
当の本人である彼女(尊師)に負けないくらい、あせった。


逆光のなか、彼女(尊師)の顔が蒼白に見えた。


その間、おそらく数秒から十数秒ほどしか経っていないだろうが。


冷静さを取り戻した彼女(尊師)は、
つうっと流れて止まる気配のない血の筋を指先で拭い、
きょろきょろとあたりをうかがった。

ぼくらはさっと目をそらし、
ありもしない黒板の文字をノートに書き写した。


そのあとも、
横目に彼女(尊師)のようすを追い続けた。


カバンから、
ごそごそとハンカチ(またはティッシュ・ペーパー)を取り出した
彼女(尊師)が、
懸命に額を拭っているように見えた。

ときどき鏡を覗き込む横顔がそうとう真剣な表情だったので、
彼女(尊師)自身にとっても滅多にない
大変な出来ごとなんだということがぼくらにもよく分かった。


休憩時間をはさんで。


次の授業のチャイムが鳴って、席に着いた。

彼女(尊師)のようすを、おそるおそる見てみる。

彼女(尊師)は、何事もなかったような横顔で座っている。


ただひとつ、違ったこと。

それは、
彼女(尊師)の額のまんなか、
ちょうどホクロがある辺りに。

肌色のバンド・エイドが、まっすぐ一文字に貼られていた。


そしてその夜、雨が降った。


彼女(尊師)のホクロから流れた一条の血。

ホクロを覆い隠したバンド・エイド。

そのことが関係しているのか、いないのか。

ぼくには分からない。



月が変わって、5月。


昼休憩の、弁当の時間。

彼女(尊師)はパンを食べていた。

見たこともない包装の、まん丸いパン。

窓際の席に座った彼女が、
手にしたまん丸いパンをまっ二つ、半分に割った。


その断面から覗いた「中身」に、
ぼくらはわが目をうたがった。


蛍光グリーン。


それは、蛍光ペンみたいに鮮やかな緑色だった。


ふっくらしたパンのなかからこぼれた、鮮やかなグリーン。
逆光に輝く蛍光グリーンに、
思わずぼくらは、まぶしさに目を細めそうになった。


どうやらそれは「うぐいすパン」だったと、
あとから分かった。

学校に売りにくる、
地元の業者の『3色パン』。

あんパン、ジャムパン、うぐいすパン。

その「うぐいすパン」のあんの色が、
えらくまぶしいグリーン色だと、
のちの調べで明らかになった。


何も知らなかったぼくらは、
またしても彼女(尊師)の神々しさにのまれて、
あやうくひれ伏しそうな心境にまでなっていた。


光を放つ、うぐいすパン。


ためしにぼくらも食べてみたけれど。

ぼくら凡人には、
たいしておいしく感じられなかった。



3年生になったころ。


以来、同じクラスにならなかった彼女(尊師)の姿を廊下で見かけた。

久々に見た彼女(尊師)は、
なんだかあか抜けていて、
どこか、かわいらしくなっているように感じた。


彼女(尊師)の額のまんなか。

かつてバンド・エイドで覆われた部分であり、
ありがたい感じのホクロがあった部分。


そこに、ホクロはなかった。


ウーマン千昌夫の由縁(ゆえん)でもあり、
彼女の「シンボル」でもあった、額のホクロ。


彼女はホクロを取ったのだった。


長い休みの間に、
彼女はホクロを除去する手術を受けた。

くわえて彼女はダイエットをはじめたらしく、
全体的に線がほっそりとして、
制服の着こなしとか髪型とかも、
なんだか少し「かわいらしく」なった。


ダイエットをはじめた彼女は、
聞くところによると、
もう、蛍光色のうぐいすパンは食べていないようだ。


ぼくは、
逆光のなかで見た蛍光色のうぐいすパンが、
忘れられない。


当時、彼女を取り巻いていた、
謎めいて神秘的な力が
うぐいすあんをいっそう輝かせたのだと。

いまでもぼくは、そう思っている。


< 今日の言葉 >

【問題】このなかから正しいと思うものを1つ選びなさい。

 A)取手が取れそうなティファール

 B)かくしきれないかくし芸

 C)はみだしそうな生意気ボディ


0 件のコメント: