2008/12/23

異文化交流

海外に行くと、文化や考え方の違いにふれられておもしろい。
ホテルなどの宿泊施設ではなく、誰かの家に泊めてもらうと、
生の文化を味わうことができ、さらにおもしろい。
旅行者向けの「よそいき」の顔ではなく、
その国の「素」の顔が見られるからだ。


異文化交流。
何も「外国文化」にふれることだけが異文化交流ではないと、
最近よく思う。

いってみれば、「自分以外のすべてが異文化」だ。

犬も歩けば、ではないけれど。
道を歩くと「異文化」にぶつかる。

昭和歌謡曲を大熱唱しながら歩くおじいさんも、
置物みたいに座っているタバコ屋のおばあちゃんも、
二重跳びの練習をしている小学生も、
2つとも同時に鳴り出した携帯電話をじっと眺める女子高生も。
みんな、それぞれの「文化」を持った「独立国家」だ。

そんな人たちと話し、交流するのも、立派な「異文化交流」だと思う。
見ているだけでも、異文化に触れることはできる。
まずは「異文化」に興味を持つことで、異文化交流の扉は開くのです。


自分は「学校」という場所で働かせてもらっていることもあり、
さまざまな分野の、幅広い世代と接する機会がある。
10代、20代の生徒をはじめ、同世代の先生、さらには大先輩の先生や校長、
親ぐらいの年齢の掃除のおばちゃんや、警備のおっちゃん。

ちょっとしたきっかけで、
あいさつを交わすだけの関係から一歩踏み込むと、
いろいろな「文化」が見えてくる。
フタをあけてみると、みんなおもしろい。


年齢や世代はもちろん、性別や生活環境、趣味や趣向など。
いままでその人が歩いてきた足どりの違いで、
「個性」というものがつくられている。
選ぶものも違えば、考え方、ものの見方も当然違う。
いままで自分が見向きもしなかったようなこと(もの)に気づかされたりもするし、
ものすごく「せまい」部分で共感しあったりすることもある。

本やCDを貸したり借りたり。
「これはおいしい」というものを教えたり教わったり。
おもしろかった出来事を話したり聞いたり。
一方通行じゃないからこそ「交流」がおもしろくなる。

ときには意見を言いあって、ぶつかることもあるけれど。
そうやって自分の「ものさし」を「たしかめて」いく。
伸ばしたり整えたりしながら、自分の「ものさし」を磨いていけば、
測りづらかった事柄も、いつかは寸法が採れるようになるのだろう。


先日、芸大に遊びに行って、何人かの学生さんと話をした。
みんな、それぞれの「世界」を温めていて、
自分の世界と「外の世界」とをつなごうと、表現している。

日付をふられ、箱に入れられた落葉。
どの箱も、落葉が1枚ずつ入れられている。

「落ちてきた葉っぱを、指でつかむんです」

作品を見せてくれた院生の彼は、おだやかで、
曇りのない声でそう説明してくれた。

ひらひらと舞い落ちる葉っぱを見ると、
彼のことを思い出す。
今日も葉っぱをつかまえてるのかな、と。
きっかけは、ほんのちいさな種だったかもしれないけれど。
彼の「世界」は、僕の中にしっかりと根づいた。

こんなふうに、お互いの「文化」を交換していく。
コーヒーを飲みながら、タバコをふかし。
ときにはアルコールも交えながら。
自分の奥底にある、どうでもいいような「文化」を掘り出し、
外の世界にさらけだす。
たとえイスに座ったままでも、海外旅行なみに濃密な時間がすごせる。


外国から戻ってくると、自分の国のことが、あらためて見えてきたりする。
それは、個々人の異文化交流でも同じことが言える。
慣れ親しんだ文化にとどまることなく、
異文化にふれることで、「自分」が見えてくる。
必要なものも見えてくる。


『仮面をつけて生きるのは 息苦しくてしょうがない』
 (ザ・ブルーハーツ「チェインギャング」より)

さあ、みなさんも、素顔をさらけだして、
生の異文化交流をたのしみましょう。


++++++++++++++++++++++++++++++
+++++ クリプレ(クリスマス・プレゼント) ++++++
++++++++++++++++++++++++++++++


     

+++++++++++++++++++++++++++++++

2008/12/16

ドラクエな日々


寝たのか寝てないのか分からないまま、布団から出た。
昼夜逆転生活のしっぺ返し。
体内時計がけんめいに調節を試みている仕業か。

朝6時すぎに布団に入って、
夢うつつの時間を過ごすうちに朝がきてしまった。
早起きしようと思っていたので、そのまま9時ごろ布団を出て、
朝からカルボナーラを作って食べた。

のんびりと優雅な朝食ではあったけれど。
人間って、ときどき面倒くさい。
こんなとき、ふと思ってしまう。


「ドラクエの世界なら、宿屋に行けば朝がくるのに」と。


宿屋に泊まれば、体力も回復。
ほんの一瞬の睡眠で、食事もいらない。
食事だけでなく、排泄も、入浴もいらない世界。
それが、ドラクエ(ドラゴンクエスト)の世界だ。


かつて『ドラクエⅧ』の世界に旅立っていたとき。
食料を山ほど買い込み、家から一歩も出ずに、
何日も「冒険」に没頭していた。

部屋から出るのも、お便所だけの日々。
風呂も入らず、寝て起きて、ドラクエ。
歩くのはほんの数歩。

そんな毎日を送っていたら、
しまいにはまともに歩けなくなった。
まさに、生まれたての子馬のような足取りで、
ヨロヨロと便所に向かいながら、やはり思った。


「ヌルハチはいいなあ」


ヌルハチとは、ドラクエの世界を旅する「勇者」の名前だ。

本来、ヌルハチとは、清帝国の創始者なのだが。
頭に浮かんだ名前がそれだったので、
「冒険をはじめる」ときにそう命名した。


ドラクエ世界の冒険が数週間に及ぶと、
現実の、外の世界に出かける用事も出てくる。
つい、ドラクエ世界の延長のような気持ちで、
思わず知らない人の家の扉を開けてしまいそうになる。

おおげさなたとえではなく、
本当にそんな気になってしまうのだから恐ろしい。

樽(たる)や箱を見ると、持ち上げて壊したくなる。
「ちいさなメダル」や「G(ゴールド)」などが
中にひそんでいないか、たしかめたくなるのだ。

思えばかなり「重症」だった気がする。

冒険を進めるにあたって、1冊の新しいノートを買った。
そこに、聞き集めた情報や、地図などを書き記していく。

熟練のデカじゃあないけれど。
情報は「足で集める」ものだと教えられる。
親切にした人から「お返し」をされることもあるし、
悪いやつにだまされることもある。
ドラクエ世界でも、街は、いろいろな人が集まる交流の場だ。

街や城から一歩外に出ると、
モンスターたちが待ち構えている。
冒険をはじめたばかりのころは、
スライムにすら手こずることがある。

初めて見る「手ごわそうな」モンスターにひるみ、
鼓動が高鳴る。
それでも、経験値を積み、レベルが上がると、
おそろしく手ごわかったはずのモンスターも、
あっさり倒せるようになっている。


「なんでこんなのにビビってたんだろう」


そう思えるほど、
いつのまにか「自分」が「強く」なっていることに気づく。
これは、現実の「世界」でも同じことが言える。


ドラクエ世界では、勇者(主人公)が死んでしまうと、
手持ちのゴールド(お金)が半分になってしまう。

ゴールド半減覚悟で洞窟に入るか。
それともいったん引き返し、
ゴールド銀行に預けてから出直すか。

・・・といった具合に。

物語の進行に直接は影響しない場合でも、
「勇者」の勇者たる品格が問われる瞬間がある。
ここでも、「自分との闘い(内なる敵)」が待っているのだ。


ゴールドも、レベルが上がって「収入」がふえると、
それに比例して使う金額も大きくなる。
そのときに必要な武器や道具の値段が高くなるからだ。

まったく。
これも現実世界とそっくりじゃあないですか。


冒険をともにする仲間(パーティ)も、
物語の進行を大きく左右する。
戦士や魔法使い、賢者や商人など、
さまざまな特性を備えたキャラクター。
各キャラクター(個性)の持つ能力や技術が、
険しい道のりを助けてくれる。

勇者を「アーティスト」にたとえるなら、
マネジメントの得意な人や、プロデュースの得意な人など、
自分が苦手とする能力を補ってもらうことで、
「クリア」への道をたぐり寄せるわけだ。


仲間以外にも、街や城やほこらなど、
各所に鍵となる人物がいる。
行くべき道を示し、導いてくれる、
まさに「キー」となる存在だ。

ほかにも、家に泊めて休ませてくれる協力者や、
市場では手に入らないものをくれる人もいる。


「行動範囲が君の思考を固めてる」


これは、ニューエスト・モデルという
アーティストが歌う曲の一節だが。

ドラクエ世界でも、
「乗り物」を手に入れると、世界がぐっと広くなる。
まさに、行動範囲が広がった分だけ、
得られるものも格段にふえる。

しけたことを言えば、船や気球や魔法のじゅうたんで、
ガソリン代も、電車賃も使わず、
行きたい場所に行くことができる。

さらに、『ルーラ』という呪文を覚えると、

「一度行った街や城に、
 いっしゅんにして移動できる」

のだからすごい。


現実世界でも、ドラクエ世界でも、
行ったことのない場所に行くと、わくわくする。

高台から見下ろした景色の雄大さ。
まっしろに吹雪く雪景色。
廃墟と化した巨大な塔。
それが魔物の巣窟でも、やっぱりわくわくしてしまう。


個人的な意見だけれど。
ドラクエをやったのと、やっていないのとでは、
「何か」が違う気がする。
考え方も、見え方も、
「世界」が少し違ってくる気がする。

もちろん、現実世界があっての「ドラクエ」だ。
片方だけじゃあ、回らない。

お肉だけじゃなく、
野菜もたっぷり食べやさい(鈴木杏樹風)。

両方を楽しむことで、
相乗効果が生まれるわけなんです。


経験値を上げて、アイテムを集め、
仲間といっしょに「ボス(敵)」を倒す。
現実はそれほど「単純」じゃあないけれど。
「単純」さの中に「真理」があるのも、またしかり。


いまいる世界では、
タバコを買いに行くにも靴を履いて、
上着を着て外に出なくちゃいけない。

いくら「一度行ったコンビニ」でも、
ひとっ飛びに行けないのが現実。

呪文を覚えていないせいなのか、
それとも呪文などが「無効な」世界だからか。


ああ、人間って面倒くさい。


けれど。


「冒険」にはおよそ関係なさそうな
出来事に出会えるのも事実。

「はやくかえらないとオバケがでるよー」

と大声で叫ぶ小学生がいたり。

中国人の若い男女が前うしろに乗り、
2人でペダルをこいでいる
本物の「2人乗り」自転車を見たり。

あんまり酔っぱらいすぎて、
ジャイアント馬場みたいな動きに
なっている酔っぱらいがいたり。


現実は、思いのほか面倒で、
そのくせ退屈知らずで、
まだまだ飽きそうもない世界だ。


< 今日のひとこと >

「一応、在籍はしてるんですけれど入学式1日しか行ってなくて。
 そんなところはハイヒールモモコと似てるんですけど」 
(人外虹色サロン 華倫変倶楽部『カリクラ』2巻より)

2008/12/09

何もないけど遊んでた

例えば、中学時代や高校時代の話になって。

「あのころはよかったなぁ。あのころに戻りたいよ」

そんなふうに言うのを聞いたことある。
それで言ったら、僕は小学生時代に戻りたい。
とはいえ、僕自身が「小学生」に戻りたいわけじゃあない。

小学生時代にしていた「遊び」。
あのころやっていた「遊び」ができる「場」に、もう一度戻りたい。


近所のガキにチロルをあげて、池でつかまえたフナを持たせる。
池の隅っこに浮かんでいた、死んだフナだ。
フナの口には、火の点いたバクチク。
僕らはそれを、少し離れた場所から見ている。
そして、バクチクが破裂。
フナのアタマが吹っ飛んで消える。
驚きのあまり、きょとんとするガキ。
フナを持っていたガキの白いシャツは、
赤やら茶色やら褐色やらの染みでまだら模様になっていた。
僕らが笑うと、そのガキも、何だか嬉しそうに笑っていた。


いまにして思えばひどく残酷で、めちゃくちゃな「遊び」だけれど。
そのときは何も考えず、ただ「やってみたらおもしろいんじゃないか」という思いで実行していた。
最後にみんなが笑えれば、それでいい。
ようするに「おもしろいか、おもしろくないか」。
そんな感じだった。

だから、イヌやネコにいたずらしたり、
長期に渡ってねちねちと陰湿な「いじめ」をするのは「ちがう」と思った。
おもしろく、ないからだ。
やってるほうも、やられるほうも、全然おもしろくない。

何もないとき。
僕らは、新しい「遊び」を考えた。

自分の家の2階の雨戸を全部閉め切って、室内を真っ暗にして。
「オバケやしきごっこ」をしたこともある。
入る客1人を残して、あとは「オバケ役」に回る。
順々に役割を回しながら、おどかし方も変えていく。

こういう「遊び」で、大切なのは「メンバー」。
ドラクエで言うところの「パーティ」。
いっしょに遊ぶ「仲間」が、遊びの「行き先」を左右する。

まず、必要なのが「パートナー」。
「勇気」と「センス」があり、話の通じる友人、つまり、
いちばん仲のいい友人がパートナーとしてふさわしい。
2人が合わさることで、知恵も、行動力も、2倍位以上のものが発揮される。
そんな相手が理想的だ。

次に「ビビリ」な友人。
とにかく「反応」がおもしろいので、盛り上げ役には欠かせない存在だ。
学校の成績もよく、根っこが「マジメ」な分だけ、心配性だったりする。

「ねぇ、もうやめようよぉ・・・先生に怒られるよぉ」

そんな「あおり」を入れてくれるのも、たいてい「ビビリ」の役割だ。

そして「調子乗り」な友人。
実際は恐がりだとしても、そんなそぶりはいっさい「見せない」。
見栄や虚勢で、その場を切り抜けようとするのだけれど。
その「嘘」が、たまらなくおもしろい。
彼らのする「知ったかぶり」も魅力的だ。

まあ、あとは「お金持ちの子」やら「新しい遊び場(遊び道具)を提供してくれる子」などが
イレギュラーに出入りしたのだけれど。
僕らは4人くらいがちょうど良かったので、
たいていいつも、こんな感じだった。


チャリンコで、長ーい階段をガタゴトと下ったり。
スケボーを持って、近所でいちばん長くて急な坂のてっぺんから、
「すっぱマン」みたいな腹ばい姿勢で一気に滑り降りたり。

この手の遊びでは、「ズル」や「インチキ」はおもしろくない。
ギリギリに挑戦するからこそおもしろいのであって、
手加減や手心が加わってしまうと、一気にさめてしまう。
遊びのなかでの「ルール」は、ときに自己申請的な判断に任される。
あくまで「自分との闘い」だ。

傾斜が急で、さらに急カーブの下り坂。
チャリンコで「ノーブレーキで下る」というルールなのに、
「調子乗り」の友人がブレーキをかけた。
それを突っ込むと、

「ちがう、急にいま、ネコが飛び出してきて」

と、真顔で説明した。
ネコの姿など、誰も見ていない。
さらに突っ込んだ僕らに、彼はこう言い放った。

「だって、透明だったから」

飛び出してきたネコは、透明のネコだった、と。
なぜ透明なのに見えたのかというと、
「尾っぽのほうが、すこし白く見えたから」だそうだ。

ちなみにこのとき、ビビリの友人は、
坂の上から僕らを見ていて、結局最後まで下ってこなかった。
チャリンコのハンドルを握りしめ、石のように、じっと固まったまま。
僕らのなかで「これ以上はムリ」という「ものさし」はあるので、
ビビリの彼を、無理矢理下らせることは、しなかった。

ガキは、高いところにのぼったり、降りたり、またのぼったり。
それをバカみたいに繰り返す。
目線や景色がするだけでも、たのしかったりする。
たから、変な乗り方でチャリンコに乗ったりもする。

パートナーである友人が、無謀とも思えるアクロバティックな乗り方に挑戦していたとき。
いきなり、チャリンコのチェーンが外れた。
バランスを失った友人は、そのままチャリンコごと回転しながら転倒した。
横ではなく、縦方向への回転。
まさに、アクロバティックな宙返りだった。
目の前で倒れた友人を轢くまいと、僕は必死でブレーキを握った。
倒れていく友人と目を合わせたまま。

その間、ほんの1、2秒の出来事だとは思うけれど。
僕ら2人には、時間と映像が、ものすごくスローモーションに感じた。

チャリンコごと転び、僕に向かって手を差し出していた友人。
あとで聞くと、スローモーになりながら必死で「ひかないで」と訴えかけていたという。

実際、僕のチャリンコは、彼の鼻先ギリギリのところでぴたりと止まった。
こんなスーサイダルな友人は、その後、プロのスノーボーダーとして世界の山々を滑り回るのだから。
やってることは、ずうっと変わっていない気もする。


新しい遊びを思いつき、熱狂して、飽きるまで繰り返して。
飽きたらまた新しい遊びを考える。
そんなことを、毎日、飽きることなく繰り返してきた。
遊びに飽きても、遊ぶことに飽きることはなかった。


ロケット花火での撃ち合い。
20代になってから、再びそれをやる機会が訪れた。
専門学校の先輩たちといっしょに、ロケット花火の撃ち合いをした。
先輩たちは、本気で「缶けり」や「ジャンケンケツ蹴りゲーム」のできる、
素敵な人たちだった。

激しい撃ち合いが始まって、場も盛り上がってきた。
と、はるか前方の茂みから、1基のロケット花火が飛んでくるのが見えた。
そのロケットは、オレンジ色の尾を引きつつ、こっちに向かって飛んでくる。
それなのに。
気づかず、目の前に飛び出していく女の子がいた。
嫁入り前のムスメさんが、顔にケガでもしたら・・・

別に「美談」でもないのだけれど。

飛び出した僕は、そのロケット花火に命中した。
左脇腹にぶつかったロケットは、そこでヒュルヒュルと音を立てて勢いを失い、
パーンという音とともに破裂した。

熱かった。そしてものすごく、痛かった。

お気に入りの、セディショナリーズのTシャツ。
左脇腹部分が黒く燃えて、直径5センチくらいの穴が空いていた。
シャツをめくると、皮膚がこげて、そこからじゅうっと血がにじんでいた。

心配して駆け寄ってきた先輩を見て、
僕は急におもしろくなって、笑った。

「何してんの、おれ?」

そんな自問自答に、自分で笑ってしまったのだけれど。
気づくと先輩も「バカだなあ」と言って、いっしょに笑っていた。
(※私たちは特殊な教育を受けております。一般のよいこのみなさんはけっしてマネをしないでね)

僕は、こんな「遊び」がいとおしい。
そんな「仲間」がいとおしい。
いいわけを抜きにしても。
いまではなかなか「遊ぶ」「場」が減ってきている。
口笛吹いて空き地へ行ったら、知らない子がやってきて、
遊ばないかと笑って言ったりしてくれるるような。
どうやらそんな「見た目」でもなくなったようだ。


さて、ここで問題です。
上の太字部分は、何の歌詞でしょう。

さらに問題。
ロケット花火の前に飛び出した女の子は、
はたして「透明な女の子」だったのでしょうか、
本当に「女の子」だったでしょうか。


< 今日の言葉 >

「なぁ、浜田。おれらメシ食うてたら、登山の格好したおっさんが入ってきて
 カレー3つ、って頼んで、泣きながらカレー食うて帰ったの見たことある。
 あれ、何やったんやろ」
「な。すごかったな、3つ頼んでガァー食うてんねんで、3つ。泣きながら」
「あれ、何やったんやろ。いまだに分かれへんわ。登山の格好してんねん」
(ダウンタウン、松本・浜田、両氏の、まるで音楽のようなやり取り/『ガキの使い』より)